hiv検査は泌尿器科へ行ってバルトレックス治療

hivに感染し、治療をしないまま放っておくと、次第に免疫力が衰えていくので、健康な人なら何でもないような菌やウイルスにも感染しやすくなるため、さまざまな病気に悩まされるようになります。
hivは性行為による感染が多いですが、それ以外にも麻薬や覚せい剤の まわし打ちで血液感染する人もいますし、妊婦のお腹の胎児に母子感染することもあります。
母子感染を防ぎたいなら、hiv検査を受けることが大切なので、婦人科で診てもらうようにしましょう。
男性がhiv検査を受けたいときは泌尿器科に行けばよいので、今はまだ自覚症状はなくても、調べておくと安心できます。

性器に発疹や水ぶくれが出来て、むず痒さや痛みを感じている方もあるかも知れませんね。
これは性器ヘルペスの症状かも知れないので、泌尿器科や皮膚科を訪れ、正確な診断を受けるようにしてください。
女性の場合は婦人科に行くと調べてくれるので、早く治したいなら治療を受けなくてはなりません。
泌尿器科などで行う検査は、患部の皮膚や粘膜を綿棒でこすり取り、単純ヘルペスウイルスがあるかどうかを調べるだけなので、それほど難しいことではありません。
血液検査でウイルスの抗体を調べることもありますが、お医者さんの指示に従っていれば、じきに治るはずです。
今はバルトレックスという性器ヘルペスに効果の高い薬もあるので、それを服用すれば、ウィルスの増殖を抑えることが出来ます。
バルトレックスは個人輸入代行通販でも手に入るので、病院代を節約したいなら、注文して、自宅に届けてもらうとよいでしょう。
バルトレックスの購入には処方箋は必要ないので、性器ヘルペスを治したい方は、用法・用量を守って正しく飲むようにしましょう。