バルトレックスはヘルペスに対しての高い攻撃性が特徴

性病の一つであるヘルペスはウイルスに感染する事によって発症する病気ですが、一度感染してしまうと完治させる事が出来ない病気であるために、ヘルペスを発症したらその都度対応する必要が出てきます。
ヘルペスを発症した場合のウイルスに対しての高い攻撃性が特徴であるのがバルトレックスです。
人間の体内に侵入して悪さをするのはウイルス以外にも細菌がありますが、ヘルペスはウイルスであるために最近に対して有効な抗生物質の投与は効果が無く、そのウイルスに合わせて適した攻撃性を持つ抗ウイルス薬を投与する必要があります。
バルトレックスの主成分はバラシクロビル塩酸塩という成分であり、特徴としてヘルペスウイルスが細胞内に侵入してDNAを複製して増殖するのを抑える働きがあります。
ウイルスは単体では増殖する事が出来ず細胞内に侵入する事によって複製するのであり、バルトレックスがヘルペスウイルスの複製を阻害してくれるのです。
つまり、ヘルペスを発症してバルトレックスを服用する場合には、ウイルスがどんどん増殖しないように早目に服用した方がウイルスへの攻撃性を十分に発揮する事が出来ます。
バルトレックスの特徴としては比較的副作用が少ない方ですが、吐き気や下痢などの症状を示す事があります。
また、アナフィラキシーショックのような症状が現れたり腎不全が現れたという報告例もあるので、服用する前にまずは医師に相談してみた方が良いです。
バルトレックスはネット通販でも購入する事が出来、ネット通販ならば医師の処方もなしで発症した際に直ぐに薬を服用する事も可能ですが、その一方で薬の扱い方の注意は自分でしっかりと守らなければならないという点は覚えておくべきです。