毛ジラミはコンドームでは避けれない

毛ジラミはコンドームでは避けれない事は、やはり陰毛の部分からかぶれたりかゆみを起こす病気で、そこの部分では隠れていない事からやはり病気が感染する事となります。
毛の部分ではどうしても相手に触れてしまう事もあり、性行為を行ってしまうと病気を感染させてしまうこととなってしまう為に、しっかりと予防策として病院に行ったりする事は忘れずに行う事が重要となります。

この様な病気に関しては、本人がしっかりと自覚している事が特に重要な事となる為に、慎重に考える必要もあります。

こうした所からも、やはり毛ジラミは起こる可能性が高く性行為を行う前に本人が毛ジラミであれば、まずは相手に感染させない為にも、自分が治療を行って医師からの判断で良くなったと判断が下されてからで無ければ、性行為は避ける事が必要となります。

毛ジラミは当然コンドームでは避けれない為に、色々と自分なりに考えながら、まずは医師に相談する事などがとても重要なポイントとなっていきそうです。
こうした所でまずは相手を思いやりながら、しっかりと自分自身の病気を治す事が特に重要なポイントとなっていきます。
まずは相手に迷惑をかけない所が重要な所となりそうです。

毛ジラミの対処法

毛ジラミで悩んでいる人は決して少なくありません。
しかし、この症状をそのまま放置しておくことで、更にかゆみがひどくなります。
時折かゆみを感じないという人もいますが多くの場合において激しいかゆみをともなうため、このかゆみによって自分が毛ジラミに感染したことを知ることとなるのです。

毛ジラミはサウナや温泉、またバスタオルの使用等で感染をすることもありますがその多くが性交渉によるものです。
中にはコンドームを使用することで防ぐことができる性病もありますが、毛ジラミは陰毛同士が触れることで感染をします。
したがって、不特定多数の人と性交渉を行うことによりその危険性が高まることとなるのです。

毛ジラミの対処法は、専門の病院で治療を行うことが最も効果的です。
皮膚科や性病科、泌尿器科や婦人科で診療を受けることができます。
毛ジラミの治療をするにはその部分の剃毛をすることが確実です。
寄生している場所の毛を剃り、その場所をパウダーやシャンプーで洗い落とし殺虫をするのです。
毛ジラミとその卵が全て駆除され、かゆみや不快な症状がなくなったときには治ったと判断をします。

家族やパートナーなど親しい人にうつしてしまう可能性もあることから、早急に治療をすることが必要です。

毛ジラミとはどのような症状か?

近年、性病で悩む人の数は増大しています。
様々な性病がありますが、昔から大変多くの人が悩んでいる症状が毛ジラミです。
毛ジラミとはどのような症状か?ということについて記述をします。

毛ジラミとは、吸血昆虫が陰毛に寄生することで発症します。
大きさは1ミリメートル程度で大きな爪を持ち、陰毛の毛根に鈎爪をひっかけて皮膚から吸血をするのです。
卵は約7日間で孵化し、成虫となります。

毛ジラミのいる陰毛が直接触れることで感染をするので、コンドームをしたからと言って予防ができるわけではありません。
たとえ1回の性行為であったとしても、毛ジラミのいる陰毛に触れると感染をするのです。
場合によっては肛門周囲の毛や腋毛、胸毛や太ももに寄生することもあります。
またまつ毛や眉毛に寄生をする症例も見られています。

感染をすると、とても激しいかゆみが生じますが中には何も感じないという人もいます。
そしてかゆみはあるものの、湿疹は出ないということが特徴で下着に毛ジラミの血糞である黒色の点状のシミが付くこともあります。
この症状をこのまま放置しておくと、毛嚢炎や膿痂疹を併発することもあるので皮膚科や性病科等の専門医の治療を受けることが必要となります。